介護予防・日常生活支援総合事業に係る報酬改定について

前のページへ戻る

        介護予防・日常生活支援総合事業の単価改定について

 この単価改正は、国の「地域支援事業実施要綱」の一部が改正され、国が定める総合事業の単価が改正されたことに伴い、雲南広域連合では下記のとおり取扱いを行います。

1.改定の内容

(1)介護予防訪問従前相当サービス

現行

新設

算定する場合の届出の要否

生活機能向上連携加算100単位

生活機能向上連携加算(Ⅰ)100単位

不要

生活機能向上連携加算(Ⅱ)200単位

不要

*同一建物減算の15%減算の創設、区分支給限度額の対象外については、総合事業へは未適用。

(2)介護予防通所従前相当サービス

現行

新設

算定する場合の届出の要否

なし

生活機能向上連携加算200単位

必要

なし

栄養スクリーニング加算5単位

不要

*但し、生活機能向上連携加算で運動機能向上加算を算定している場合には100単位とする。

(3)その他

・緩和した基準によるサービスなど上記以外の単価・加算については、すべて変更はありません。

・人員基・設備・運営基準及び加算の算定要件等は平成30年度報酬改定後の訪問介護及び通所介護の取扱いに準じます。

・請求用の総合事業単位数表及びサービスコード表については、10月中にホームページに掲載予定です。

2.改定日

 平成30年10月1日

3.加算届出

 介護予防通所従前相当サービスの生活機能向上加算を算定する場合は、雲南広域連合介護保険課まで加算届提出してください。

(届出に必要な書類)

・介護給付費算定に係る体制等に関する届出書(別紙1)

・介護予防・日常生活支援総合事業算定に係る体制(別紙1-4)