申請書提出の際の注意事項

前のページへ戻る
申請書提出の際の注意事項

 平成28年1月から、介護保険の各種届出・申請において、原則として被保険者の方の個人番号(マイナンバー)を記載していただく必要があります。
 個人番号が記載された書類を提出する際には、窓口で次のような本人確認等が行われることとなります。なりすましや不正利用を防止し、個人情報を保護するためにご協力をお願いいたします。



○本人が申請される場合

  ・・・番号確認と身元確認が必要となります。次の①と②それぞれ、いずれかをご提示ください。

 ①「番号確認」・・・個人番号カード、番号通知カード、個人番号が記載された住民票の写し等
            
なお、これらの提出が難しい場合は、窓口にその旨を申し出てください。

 ②「身元確認」・・・個人番号カード、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなど(官公署
               から発行された顔写真のあるものは1種類、顔写真のないものは2種類)

            ※氏名、生年月日または住所が記載されているものに限ります。


○代理人による申請の場合

  ・・・代理権の確認、代理人の身元確認、被保険者本人の番号確認が必要となります。次の①、
     ②、③それぞれ、いずれかをご提示ください。

 ①「代理権の確認」・・・法定代理人の場合は「戸籍謄本」などその資格を証明する書類任意
               代理人の場合は「委任状」が必要です。これらが困難な場合は、被保険者
               本人の「介護保険被保険者証」など、官公署から本人に対してのみ
               発行された書類などの提示によって確認します。

 ②「代理人の身元確認」・・・代理人の個人番号カード、運転免許証、パスポート、住民基本台帳                
                  カード、居宅介護支援専門員証など(官公署から発行された顔写真のある
                      ものは1種類、顔写真のないものは2種類)

                  ※氏名、生年月日または住所が記載されているものに限ります。

 ③「本人の番号確認」・・・個人番号カードの写し、番号通知カードの写し、個人番号が記載された
                 住民票の写し等
                
 
なお、これらの提出が難しい場合は、窓口にその旨を申し出てください。
                
             ※「委任状」様式はこのページの最後にあります。

申請書提出の際の注意事項

○その他
 ①「個人番号の記載が難しい場合」
  ・・・個人番号が分からない場合、本人が認知症等で意思能力が著しく低下しており、代理権の
     授与が困難な場合など、申請書等への個人番号の記載が難しい場合は、その他の記載内容
     に問題がなければ申請を受け付けますので、未記載のまま提出してください。

 ②「代理権のない使者による申請の場合」
  ・・・被保険者本人の代わりに使者が申請書の提出を行うだけの場合は、個人番号が使者に見え
     ないよう、申請書を封筒などに入れて提出してください。この場合には、被保険者本人
     の番号確認と身元確認ができる書類の写しを同封
してください。
     ※使者の身元確認は行いません。

 ③「郵送による提出の場合」
  ・・・上記②と同様に、申請書に併せて、番号確認ができる書類の写し、身元確認ができる書類
     の写しを同封
してください。


 (様式はここから)