なぜ、保険料を納めなければならないのですか?

前のページへ戻る
 急速に高齢化が進んだため、介護を必要とする高齢者の増加や介護の内容が重くなったり長期化するようになりました。
 その一方で介護の担い手であった家族自身が高齢者であったり、核家族化によって同居者が減ったため、家族で介護を行うことが困難になってきています。「介護」はときに家庭を崩壊させるほど深刻な問題となります。
 この介護の問題を国民みんなで支え合うのが介護保険の大きな目的です。将来2人に1人は介護が必要になります。また、自分だけの問題ではありません。
 介護保険は、現役世代の方々にも費用の負担を求めながら、また高齢者にも費用の一部を保険料として負担していただき、将来にわたって安定的にサービスを提供しようとするものです。