支給限度額を超えてサービスを利用したいとき

前のページへ戻る
  ・・・雲南広域連合独自の事業(居宅サービス費区分支給限度基準額拡大事業)です。

居宅サービス費区分支給限度基準額拡大事業

 中度・重度に該当する要介護者(要介護3~5)の方が、居宅サービスの支給限度額を超えてサービスを利用しなければ日常生活が困難な場合に限り、介護度別の基準額拡大の範囲内で限度額を超えた費用の9割(一定以上所得者は8割)を支給します。
 認知症により、頻回のサービスを必要とする要介護2の方にも適用します。

<対象となる居宅サービス>

①訪問介護  ②訪問入浴介護 ③訪問看護 ④通所リハビリテーション
⑤通所介護
 ⑥通所リハビリテーション ⑦福祉用具貸与 ⑧短期入所生活介護
⑨短期入所療養介護 ⑩認知症対応型通所介護 ⑪小規模多機能型居宅介護


○承認の申請
 利用しようとするときは、サービス利用月の前月の20日までに住まいの市町の窓口へ申請し、雲南広域連合の承認を受ける必要があります。
 ※承認申請は、指定居宅介護支援事業者(ケアマネジャー)が申請します。

 (承認申請に必要な書類)
  ・区分支給限度基準額の拡大利用承認願・・・①の承認願をお使いください。
  ・居宅サービス計画書
  ・サービス担当者会議の記録
  ・サービス利用票および別表
  ・アセスメント表


 
○支給申請
 利用した月ごとに、お住まいの市町の窓口へ申請してください。(限度額を超えたサービス提供月のみ)

 (申請に必要な書類)
  ・区分支給限度基準額の拡大による居宅サービス費支給申請書
                                      ・・・・・・②の申請書
をお使いください。
  ・サービス提供証明書(サービス提供事業者発行)
  ・領収書(サービス提供事業者分)
  ・サービス利用票、別表(実績の入ったもの)


  (様式はここから)