福祉用具購入費の助成を受けたいとき

前のページへ戻る

 在宅の要介護(要支援)の方が、県知事の指定を受けた事業所から特定の福祉用具を購入された際に、同一年度内(4月~翌年3月)で10万円を上限として、利用者負担分を除いた金額が支給されます。(10万円を超えた部分は自己負担となります。)
 ※指定を受けていない事業者から購入した場合は、支給されません

<対象となる用具>

① 腰掛け便座(ポータブルトイレなど)
② 自動排泄処理装置の交換可能部品
③ 入浴補助用具(入浴いす、浴槽用手すりなど)

④ 簡易浴槽
⑤ 移動用リフトのつり具の部分


 ○手続きについて
     いったん利用者が全額を負担し、あとでお住まいの市町の窓口に申請をしてください。

 ○申請に必要なもの
  ○福祉用具購入費支給申請書兼請求書・・・・・・・①の申請書をお使いください。
  ○購入した福祉用具の詳細のわかるパンフレット
  ○請求書
  ○自己負担分の領収書



※受領委任払い
を希望される場合②の委任状兼承諾書をお使いください。
 (受領委任払いとは・・・利用者の費用負担を軽減するため、利用者が購入費用の1割(または2割)を委任した事業者へ支払い、その事業者が購入費用の9割(または8割)を雲南広域連合から支給を受けます。) (まずはケアマネジャーに相談しましょう)


 (様式はここから)