住宅改修費の助成を受けたいとき

前のページへ戻る

 在宅の要介護・要支援の方が、手すりの取り付けや段差解消などの住宅改修をしたとき、20万円を上限として利用者負担分を除いた金額が支給されます。(20万円を超えた部分は自己負担となります)
 必ず事前の申請が必要です。

   <対象となる改修>

① 手すりの取り付け
② 段差の解消
③ 滑りの防止および移動の円滑化のための床又は通路面の材料の変更
④ 引き戸などへの扉の取り替え
⑤ 和式便器を洋式便器などに取り替え

○手続きの流れ

 [ケアマネジャーなどに相談]  [施工業者の選択・見積もり依頼]  [市町へ事前に申請・市町の確認]  [雲南広域連合で審査・承認通知] ⇒ [工事の実施・完了]  [いったん全額支払い]  [市町へ支給申請書や領収書など提出]  [雲南広域連合より支給決定] ⇒  [住宅改修費の支給]


○申請に必要なもの (お住まいの市町の窓口へご提出ください)
 (事前申請のとき)
  ・住宅改修事前申請書・・・・・・・・・・・・・・①の申請書をお使いください。
  ・工事費見積書
  ・住宅改修が必要な理由書・・・・・・・・・・・②の理由書をお使いください。
  ・改修前の状態がわかる写真(日付入り)
  ・改修後の完成予定の状態がわかる図面
  ・住宅の所有者の承諾書・・・・・・・・・・・・・③の承諾書をお使いください。
   (改修の利用者と住宅の所有者が異なる場合)

 (工事完了後)
  ・住宅改修費支給申請書兼請求書・・・・・・④の申請書をお使いください。
  ・住宅改修に要した費用の領収書
  ・工事費内訳書
  ・改修後の状態のわかる写真(日付入り)


※受領委任払いを希望される場合⑤の委任状兼承諾書をお使いください。
 (受領委任払いとは・・・利用者の費用負担を軽減するため、利用者が改修費用の1割(または2割)を委任を受けた事業者へ支払い、その事業者が改修費用の9割(または8割)を雲南広域連合から支給を受けます。)
 (まずはケアマネジャーに相談しましょう)


 (様式はここから)